色が多すぎるとダサい

赤とピンクは同系色。濃淡に差がある配色

モテる男になるには、モテるファッション術を身につけないと。

 

そのためにはファッションの基本を覚え、それに添ったファッションを心がけること。

 

そしてまたTPOに合ったファッションでないと、周囲の雰囲気から浮いてしまうので、出かける場所の雰囲気をイメージして、場違いではない範囲でちょっと目立つ格好を心がければよい。

 

フォーマルな集まりではフォーマルな格好を、カジュアルな集まりではカジュアルな格好を。

 

万能のコーディネイトがないのがファッションの難しいところ。

 

しかし色の組み合わせだけは、どういうファッションであっても基本さえ押えておればよい。

 

ダメなファッションの特徴は、着ている服に色が多すぎて、気持ち悪い服になってしまっていること

 

茶色系でまとめるなら、茶色・うす茶色・焦げ茶色そして黄色と赤。

 

ブルー系でまとめるなら、濃紺・スカイブルー・群青色そして赤紫とか。

 

同系色ばかりで嫌なら、白とかグレイとか黒を使うとよい。

 

ただそれでも、4色以上は使わないこと。

 

ワンポイントにするモノは色んな色が入っていても良いけれど。

 

一頃、フット後藤さんのお化けシャツが話題になりましたが、色んなお化けがシャツの中を飛んでいるようなモノは、やっぱりゲテ物で女性からひかれまくるのを覚悟しないと。

 

3日でイメチェン!モテるファッションのつくり方


会話術・モテ会話 人気教材ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加

イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)
男性のための婚活トレーニング
マリアップ