ゴルフで100を切るならパッティングが上手くないと

100を切るゴルファーはパッティングも上手い。

 

逆にパッティングが下手だと100を切るのは無理。

 

ドライバーで300ヤードかっ飛ばせても、パッティングが下手でグリーン上で4打もうつとさすがにもうどうしようもありません。

 

だってそれだけで72打も打つことになりますから。

 

100を切るゴルフをするなら、グリーン上は2打でまとめないと。

 

アプローチとパッティングで上達しないことにはどうしようもない。

 

藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック DVDところが今までは、なかなか良い教材がありませんでした。

 

なのでアマチュアの我々は、家の中でパターマットを使って練習するのみ。

 

これではパターが上達するわけがない。

 

だって実際のコースに出てみたら、グリーンってこんなに凸凹してるの?ってかんじですから。

 

足下だってフラットじゃない。

 

ラインもフックラインやスライスラインが当り前。

 

グリーンでは一体どこを狙って打てばいいのかよくわからない人も多いはず。

 

プロならば自分のコースの練習場でいくらでも練習できるのでしょうが、アマチュアは自宅で練習するのが精一杯の所。

 

これではなかなかパッティングが上達しないのも当然か。


 

 

しかしプロも教わるレッスンプロのパター教材がとうとう出ました。

 

100を切るために、パットをどうやって2打でまとめるか。

 

パッティングはどこを狙って打てばいいのか。

 

スライスラインの時の打ち方とフックラインの打ち方はどう違うのか。

 

パッティングの基本が全てわかります。

 

これはモテる男の必需品かも。

 

藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック DVD〜グリーン上で3回パターを打つことはもうありません〜

会話術・モテ会話 人気教材ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加

イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)
男性のための婚活トレーニング
マリアップ