重心移動は達人の領域

打ったボールがまっすぐ飛ばない。

 

右に曲がったり左に曲がったり、まっすぐとんだ試しがない。

 

そう言うゴルファーは重心移動に失敗している

 

重心移動が下手だと、インパクトの瞬間にクラブのフェースがまっすぐボールを捉えられない。

 

だからどうしてもまっすぐに飛ばないわけ。

 

しかし重心移動というのはいわば達人の領域。

 

トッププロたちだってフックしたりスライスしたりしてスコアを大きく落とす事は良くある。

 

我々一般のアマチュアレベルのゴルファーなら、まっすぐボールを飛ばすのなんて夢のまた夢。

 

そう思っていたら、画期的なアイデアのスイング理論があった

 

オーストラリアのトップ・コーチ、オジーモア左一軸スイング理論だ。

 

【世界最新オジー・モア直伝】新左一軸ゴルフ上達プログラムオジーモアは言う。

 

「ボールがまっすぐ飛ばない理由は、インパクトの瞬間にクラブヘッドが通る曲線が、直線に近くなっていないから」つまりスイングの中心を背骨の軸に置くと、スイングは円に近い形になってしまうが、それだとインパクトの瞬間にヘッドのフェイスの向きがぶれやすいって事。


 

これは野球のバッティングでも同じだね。

 

ボールとバットがあたる角度によって、右に飛んだり左に飛んだりする。

 

ただし野球の場合は、ピッチャーはバットに当てまいとして色んな策を弄してボールを投げてくるので、いくらバッターがセンター返しを狙っていても、そう簡単にはセンターには飛ばない。

 

しかしゴルフの場合はボールが止まっているから、スイングさえ工夫すればボールをまっすぐ飛ばせる可能性は高くなる。

 

じゃあどうすればいいか。

 

世界のトップ・コーチングプロ「オジー」に学んだ理論を身につけてみよう。

 

【世界最新オジー・モア直伝】新左一軸ゴルフ上達プログラム

会話術・モテ会話 人気教材ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加

イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)
男性のための婚活トレーニング
マリアップ